輪島たいむす

石川県輪島市の情報をゆる~く紹介していきます

「輪島高校」の生徒さんが考案!「輪島ふぐのおにぎり」が「千枚田ポケットパーク」で絶賛発売中♪(限定1日30個で2021年11月30日までの期間限定販売)

販売期間が延長されました。

wajimatime.hatenablog.com

「中日新聞」HPより

www.chunichi.co.jp

f:id:wajimatime:20211123181522p:plain

輪島高校の3年生6人が地元食材を使って考案した「輪島ふぐのおにぎり」が、輪島市白米町の「道の駅千枚田ポケットパーク」で30日まで販売されている。
生徒たちは「里海のふぐと里山の米、両方の食材を一緒に味わってほしい」と話している。

商業科目で学んだ知識を生かし、1学期から商品開発を進めてきた。
10月に試作品を作り、今月15日に販売開始。
地元特産「輪島ふぐ」は塩こうじに漬けて軟らかくし、てんぷらにして甘辛いだしをからませ、おにぎりの具材に合うよう仕上げた。

19日には道の駅で観光客にチラシを見せPRしながら販売。
参加した松本亮真さん(17)は「千枚田を前においしそうに食べてもらえ良かった」と喜んだ。
浦本涼香さん(17)は「お米はふっくらして甘みがある。これから来る人にも絶景を見ながら味わってほしい」と話した。
1個250円(税込み)で、1日限定30個を販売する。

「輪島ふぐ」公式Instagramより

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

輪島ふぐ(@wajimafugu)がシェアした投稿

f:id:wajimatime:20211123182111j:plain

「石川県立輪島高等学校」HPより

cms1.ishikawa-c.ed.jp

f:id:wajimatime:20211123182309p:plain

f:id:wajimatime:20211123182329p:plain

総合学科3年生は、地域の特産品を使った新商品の開発に取り組んできましたが、この度、みちのえき千枚田 様にて、輪島ふぐと棚田のお米を使った「輪島ふぐのおにぎり」(1個250円)を販売していただけることになりました。
甘辛たれに漬けたふぐの唐揚げと棚田米ご飯と相性は抜群です!11月いっぱいの販売予定となっていますので、是非この機会にお求め下さい。

販売期間 令和3年11月15日(月)~11月30日(火)
販売場所 道の駅千枚田ポケットパーク内 みちのえき千枚田

道の駅 千枚田ポケットパーク

f:id:wajimatime:20211123182630p:plain

senmaida-monogatari.com

白米千枚田は、能登の海岸の傾斜地、日本海へ落ちる山肌の斜面に作られています。
先人たちから続く努力の積み重ねが作る美しい景観は日本の原風景です。